スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能は健康に良い

リチャコシさんのHPで放射能は健康に良いという学者の紹介があります。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201103/article_205.html

東大の稲恭宏という医学者が、自説の低線量率放射線療法と絡めて、今回の福島原発の放射性物質について興味深い話をしています。
http://bit.ly/hgXQtS ←動画
http://yasuhiro-ina-dmsc.jp/ ←公式サイト


武田教授は、過去に決めた基準値には議論を重ねた末の物だから妥当性が高いと言っています。
日本の自然放射線は年間に1.5ミリシーベルトです(報道されている2.4ミリシーベルトは世界平均で日本ではありません)。赤道に住む人達の肌が黒い(紫外線障害防止)ようにわたくしたちは昔から住んでいる環境に最も適した形に変わっています。日本人の場合には、放射線が0よりも1.5ミリシーベルトの方が健康であると考えられています。しかし人工的な放射線がプラスされる場合、通常の人の場合には、5ミリシーベルトから10ミリシーベルトまで大丈夫なのですが、赤ちゃんや免疫が少し弱い人等がおられますので、安全を見て世界的な基準が低くなっています. 1ミリシーベルトというのは、自然放射能の1.5を加えた合計で2.5という意味です。
1.5まではその研究者の言われる通りなのですが、それ以上の放射線は一般的には体が悪いとされています(国際的にも国内勧告でも)。私も事故が起こってから急に「放射線は安全だ」という研究者を信じたいのですが、もし間違っていたら取り返しがつかないので、今までの規制で進むのが良いと思っています。

http://takedanet.com/2011/03/post_ac85.html

富士山ニニギさんの意見では、原発から出た放射性浮遊物は体に悪いけど、ラジウムなどの鉄鉱石から出る放射線は治癒効果があると言っています。リンクはできませんが。。。

とりあえず、マスクなどをして外にあまりでないなど、被曝を避ける行動を取るのが正解な気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。