スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家発電

自家発電について、少し調べてみました。

やはりソーラーパネルが妥当なようですが、高価です。このお店は見つけた中ではかなり安い方ですが、それでも高いです。さらに、日本の気候は夏場以外はあまり期待もできなさそうです。マンションの1室で家庭の電力をまかなうには、少し厳しそうです。
海外の通販ですが、セルだけを購入して自作という手段もありそうです。1000Wで505.75$。送料と合わせても5万円くらいでしょうか。約半額です。550個のセルを半田付けして、箱も自作というのは気が遠くなりそうです。中にはセルそのものも銅版を焼いて自作する人もいるようです。

風力発電は第2候補ですね。日本で買うと高価ですが、海外では少し安いですね。低周波の音が響いて環境によくないとか、風のないところは意味がないとか色々欠点も言われています。風力の羽の根本がモーターになっていて、磁石が動いたときに生じる電流を拾うようです。

このように探してみても、良い方法がないですね。

ビルやマンション全体という単位ならガス発電で良さそうですが・
個人でやるのは需要も少なかったせいか良いのが見あたりません。
ガス発電は、基本的にはガスでエンジンを回してそこから電力を取ります。
騒音も馬鹿にできません。せめてエアコンの室外機以下にしてほしいです。

東京ガスが最近やっている、エネファームなんてのが出ています。
やたら高いですが(270万円くらい。環境補助入れても200万円くらいでしょうか)、電気を発電できて、お湯も蓄えられて便利そうです。高いというのと、停電時は使えなくなるというのと、さらにマンションなので却下ですね。これは、燃料電池といって、水素と酸素を反応させて水ができるのですが、そのときに電極に流れる電気を取っています。モーターを回さないだけ静かかと思います。おそらくガスから水素を取り出す技術がすごいのでしょう。同じ機械は見あたりません。自作しているのを売っている人はいるようですが、海外です。

http://www.alibaba.com/product/tropicalsa-107650226-101460383/LPG_PROPANE_NATURAL_GAS_REFORMATE_FUEL_CELL_GENERATOR_RFC_1000.html

それ以外に、以下のページで水力発電を自作している人のHPを見つけました。
http://hajii.seesaa.net/
ソーラーでお湯にする機械を改造しているようです。まねできないですね。

free energy で検索してみると、海外のページには色々出ていました。地球の磁場を電力に変えるものや(Nicola tesla)、永久磁石とコイルを使って回すもの(Magniwork)なんて物もありました。

有料でPDFファイルを買うと、作り方が書いてあるようですが、ネットにたくさん落ちているようです。中身を見てみましたが、大がかりな割に作れる電力が極端に小さいです。

際物になってしまうかもしれませんが、永久磁石を使って発電する方法で特許を出している人がいるそうですが、少し興味があります。制作者曰く、すでに試作品は稼働中のようです。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/34208/3/1015990

図面がないか調べてみたら海外の特許に詳しく載っていました。
http://www.freepatentsonline.com/6433453.html
複雑すぎて自分では作る気がしませんし、本人も販売予定はないそうです。なぜ特許出願したのか、疑問です。
図面をこのように広く公開することになりますし、特許出願費、維持費も馬鹿にならないはずです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。